先生からの贈り物

 昨日の横浜一日強行スケジュールで、今日はちょっとお疲れモードです。ちょっと朝寝坊、そんな日に限って朝からお客さんが来たりするんですよねー。

 

   子供達へ食料の仕送り

 今日は日曜日でも野菜の出荷があり、ついでに子供達にも食料の仕送りです。今親としてできる事は、せめて家で作っている野菜を送ることぐらいですが、いつか自分達が親になって、子供にそんな事をする時代が来たら、「あの時こんなこともあったっけ」なんて想い出してくれればそれで良いかな?なんて思います。

 

    素敵な絵手紙

ここ数年毎年この時期、必ず届くものがあります。それは中学校時代の担任の先生からの誕生日プレゼントです。

 いつも心に響く言葉を添えて、色んな絵手紙を下さいます。世界にたった一つだけのプレゼント。本当に有難いですね。

中学校を卒業してもう37年も経つのに、こんなことしてくれる先生なんて居ないですよね。私はなんて幸せなやつなんだろうって思います。

 

     何より厳しい八段審査

 今日は仙台で剣道八段の審査がありました。私たちの先生も2人受審しましたが残念な結果に終ったようです。今日の結果は見ていませんが、八段の審査は0.5~0.6%と言う狭き門。合格する人は「神の域」的なものです。難しいからこそ挑戦する価値があるのだと思います。七段でも八段を目指している人の剣道はどこか違います。七段を取って満足している人は、その時点で終ってしまうのかも知れませんね。(生意気な意見ですが)

 私事ですが、4月30日にまた七段挑戦しに行きます。目指すことが、自分の成長につながることを信じて。

 

  今日も幸せな一日を有難うございました。

  明日良い日になりますように。

    素振りOK

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    すーちゃん (月曜日, 29 2月 2016 18:52)

    春らしい素敵な絵手紙が届きましたね。どんな高価な贈り物より、こういう心のこもったものは、本当に嬉しいし
    いつまでも大切にとっておきたくなりますね。いっちゃんが37年も慕っているのですから、きっと素晴らしい先生なんでしょうね。春にはまた、昇段審査を受けるのですね。「神の域」まで、是非挑戦して下さいね。
    日々のお稽古や素振りなど、努力が報われるように祈っています。

  • #2

    いつ子 (月曜日, 29 2月 2016 21:32)

    すーちゃんへ
    この先生とは、数年前の同級会で、たまたまその時は私が出席できなかったのですが、その原因がきっかけで交際を始めるようになりました。今では私の大事なお客様でもあります。こうして心のこもったプレゼントを頂くと本当に有難く思いますね。
    昇段審査、本当に難しいですね。でもまためげずに行ってきます。今度は京都です。それまで実のある稽古をしたいと思います。

  • #3

    パンが友 (火曜日, 01 3月 2016 16:49)

    横浜旅行ご苦労様でした。
    おば様孝行で皆すばらしい一期一会に成ったことと思います。
    絵手紙、、感激ですね、、何よりの宝物、、いつこさんの宝箱は、入りきれないくらいと思いますが、、、人とのつながりの暖かさを痛感します。
    剣道の挑戦応援しています、挑戦することに意味があり、、勝利も、、がんばってっくださいね。

  • #4

    いつ子 (火曜日, 01 3月 2016 20:54)

    パンが友さんへ
    久々に横浜旅行、楽しませてもらいました。おばさん達も喜んでくれて、ちょっとしたおばさん孝行できたかな?
    先生からの贈り物は、本当に嬉しいですね。私は幸せものです。
    剣道の挑戦は何時になったら終るのでしょうね。挑戦するものがあるうちが華なのでしょうが。
    体力と気力が続く限り頑張りたいと思います。