冬に逆戻り

 朝は雨がポツポツ。でも天気予報は次第に雪になる、との事。嘘でしょう、と思っていたら、雨は次第に雪に変わって来ました。また冬に逆戻りです。

 

     大変!ボカシが水浸し

  実はボカシ肥を仕込んでいる小屋の水道が抜けて、水浸しになっているとの事。「どひゃー」それは大変。私のボカシ様。慌てて行ってみると、水は引けた後で、普段と変わりない様子ではあったのですが、何やら浸水した痕跡はあるようです。

 今日は、菅野さんが手伝いに来てくださって、まず一発目にボカシの切り返しをしてもらいました。思ったより浸水の被害は少なく、全体を攪拌したら丁度良い感じになりました。とりあえず第一の難関突破。

 続いて育苗の肥土を切り返してみると、こちらも被害は少なく何とかセーフ。ただ未だに熱が出なくて心配です。

 今年は例年に比べ、早めに色んな肥料を仕込んだので安心していたら、こんなアクシデントもあったのですね。でもたいしたことなくて良かったです。

 

           空いているスペースは無駄なく

  このところの暖かさで、蒔いた種もすぐ芽が出ます。今日も空いているところに、山東菜とカブの種を蒔きます。ハウスの有効利用。スペースは無駄なく使います。水も豊富にかけられるので、ちゃんと芽を出してくれるのですね。

 

           囲い野菜もそろそろ底を尽きて

 ハウスに囲っておいた野菜もそろそろ残り少なくなって来ました。今年は暖かいせいで、土に埋めておいた野菜からは、

白いひげ根や葉っぱがニョキニョキ。そうなると本体から栄養が取られるので、かすかす状態になってしまいます。時期的にもハウスの囲い野菜を出荷するには限界のようです。

 幸い、昨年取り残したにんじんや畑の茎立ち菜に助けられています。なおかつこれからは、昨年未結球だった白菜がとうに立って茎立ちになるので、これにも手伝ってもらえそうです。失敗したものも、時には役に立つこともあるのですね。

 

  今日も充実した一日を有難うございました。

  明日も良い日になりますように。

    素振りOK

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    すーちゃん (木曜日, 10 3月 2016 19:01)

    わあ~、やっぱりそちらは雪だったのですね。やっぱりまだまだ、油断できない時期ですね。
    気温の寒暖差が激しいので、体調にも気をつけたいですね。
    白菜もちゃんと巻いてなくても、食べられるのですね。
    茎立ち菜は、この辺では売られてないですが、白菜ですから甘くて美味しいのでしょうね。
    ハウスの中は発芽率がいいので、種まきが楽しみになってきますね。

  • #2

    いつ子 (木曜日, 10 3月 2016 22:25)

    すーちゃんへ
    はいこのとおり雪でした。でも真冬の雪と違ってすぐに解けますね。近頃春先に『どん』と降る傾向があるので、これからも油断出来ません。寒い時はいっぱい着こんで調節しています。
    白菜の茎立ちは絶品ですよ。他の茎立ちと比べ物にならないくらい。だから秋に結球しなくてもがっかりしないのです。その分春の一品儲かりです。でもお店にはないと思いますよ。あくまで自家用ですから。私は売っちゃいますけど。ハウスの中もほぼ埋まりました。あとは毎日水やりして育てていくだけですね。