あれから5年

 今日の天気は曇りのはずが、なぜか次第に晴れてきました。温度も18度くらいまで上がるらしいです。きっとお客様を歓迎するお天気ですね。

 

  震災直後6週間連続で三春に来てくれたシェフ

 震災直後、この沢石に避難所が設置されてから、毎週日曜日に来て、イタリアンをふるまってくれた人がいます。それが、東京西麻布にあるオステリア・トットの根本シェフです。私がこの仕事を始めた当初からお付き合い頂いてます。

 当時彼は、震災で避難している人達に何かしてあげたい。どうしたら良いか?と私に相談してきました。そして毎週毎週大量の食材を持って、避難して疲れている人達の心を癒しに来てくれたのです。

 当時の彼は35歳。まだ若いけれども、とてもしっかり者で、イタリア政府やイタリアのパスタメーカー「バリラ」からも信用があり、そちらの方からも支援をするなら協力をする、と言われていたようです。

 あれからアッという間に5年。今日は当時幼稚園だった娘さんと奥さんを連れて遊びに来てくれました。いつも電話で話すと、「避難している皆さんはどうしていますか?」と気にかけてくれます。今日は当時避難所で富岡町の人達のお世話をしていた、ファミリーの一員林さんご夫妻も駆けつけてくれて、みんなでお昼を食べました。

 山菜おこわ・けんちん汁・山菜や野菜の天ぷら・ポテトサラダ・つぼみ菜のえごま和えなど、あの当時を懐かしんで食べてくれました。

 

 これから届けられる野菜の苗を見ていきました。

根本シェフ曰く「ここのルッコラを食べたら、他のは使えない」うれしい一言ですね。また頑張って作ってお届けしましょう。

 

      大日様のお祭り

 今日は午後から、大日様のお祭りで、氏子がひと重持ち寄りで集まります。今年93歳の瑞祥寺ご住職が、お経をあげ法話をします。

 今日は私がご住職の送り役でしたが、車中色々為になるお話を拝聴できて、とても良かったです。この年になれば、とっくに現役引退が普通なのに、よく頑張っておられます。足は多少ふらつきますが、お話は素晴らしいです。

     剣道連盟三春支部の総会

 今日3つ目の行事は、支部の総会です。この総会が終わると、一つの区切りというか、また新しい年が始まるな、という感じです。

 毎年の事ですが、今年も色々行事があります。今年も若者に一つずつ伝えて行きながら、少しずつ身を引くことを考えましょう。支部の皆さんは本当にいい人ばかりで、私を助けてくれます。今年もよろしくお願いします。

 

 

ちょっと忙しい一日が無事終わりました。

今日も幸せな一日を有難うございました。

明日も良い日になりますように。

  素振りなし

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    すーちゃん (月曜日, 04 4月 2016 18:36)

    こちらは菜種梅雨でしょうか、お天気が定まらずすっきりしません。
    今日の雨で、桜も散り始めたようです。
    このシェフの方の作るお料理は、震災後の不安だった人達の気持ちをやわらげてくれたのでしょうね。
    当時のニュースで見たような気がします。毎週東京から通ってこられたとは、本当に心のあったかい方ですね。
    いっちゃんの作るお野菜も、こんな素敵な方の手で美味しくお料理されて喜ばれているのですね。

  • #2

    いつ子 (月曜日, 04 4月 2016 22:03)

    すーちゃんへ
    こちらは今日は雨でした。でもそちらは雨が降ると桜が散ってしまうのですね。こちらはまだ花が開かないので、水分をもらってちょうど良い感じです。願わくば、あまり一気に暖かくなってほしくないです。
    このシェフのお料理は、チョー美味しいですよ。イタリアンって結構若者の食べ物という感覚がありますが、当時はご年配の方も喜んで食べてくれました。もちろん、ご年配の方にも配慮して、和風の食材も持ってきてくれましたけどね。みんな自分の事で精一杯なのに、こうしてボランティアに来てくれる人は、本当にスケールの大きな人ですね。
    長年私の野菜を気に入って使って下さっているので、頑張って届けなきゃ、と思いますね。