畑が喜ぶ恵みの雨

 今日は朝からしとしと雨。待ってました「雨」。朝一でたけのこを採らなくてはならないので、「雨はちょっと・・・」なのですが、今日の雨は許しちゃいます。

 

          たけのこニョキニョキ

 それにしても今年のたけのこは凄いです。今朝は雨にもかかわらず、張り切ってたけのこ堀に出かけます。こっちにも、あっちにも。そんなに採っても処理仕切れないので、いい加減なところでやめておきます。かえって早速竈に火をたきます。米ぬかを入れて煮ること約半日。美味しいたけのこの出来上がりです。

 

                              代 掻 き

 主人は仕事を休んで田んぼの代掻きです。いよいよ田植えですね。実は私が京都で遊んでいる間に、苗を雀に散らかされ、10枚くらいだめになってしまいました。そのせいか?ほかの苗もいまいち元気がなかったのですが、帰ってきて、毎日水やりしながら眺めていたら、ぐんぐん元気になってきました。子供を投げて遊びに行っていた私が悪かったね。ごめんなさい。

 

          ゴボウも喜ぶ

 今日の雨、先日蒔いたゴボウには最高でした。実は昨日の夕方、タンクに水を汲んで、ゴボウにかけたのですが、人がかけた水なんてたかがしれています。それより自然の水は一番ですね。チョーラッキーな一日です。

 

          三春中生も一段と気合いが入って

 今日も夕方は中学生の指導です。今日は着替えが間に合わなくて、口だけの指導です。私はどちらかというと実践が好きなので、防具をつけて一緒にやる指導の方が良いです。それに口だけだと、子供達がどのくらい疲れているかもわかりません。よく自分でやりもしないで、怒鳴ってだけいる指導者いますけど、ああいうの見るとチョーむかつきます。

 三春中生も昨日より少し気合いも入ってきました。どうせやるなら、「勝ちたい」という思いをもって稽古に臨んだ方が良いし、稽古内容が充実していると、やりきった感があって自分でも納得できると思うのです。私中途半端は嫌いですから。面を外したときのすがすがしい顔は何とも言えませんね。

 

 今は日が長いので、7時くらいまでは外の仕事ができちゃいます。畑も良いお湿りを頂いたので、稽古から帰ってバジルを植えました。このバジル、西麻布のオステリア・トットのシェフが心待ちにしていてくれます。苗のうちから良い香りです。

 

今日も充実した一日を有り難うございました。

明日も良い日になりますように。

素振りOK

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    すーちゃん (水曜日, 11 5月 2016 18:40)

    待望の雨が降って良かったですね。
    畑の野菜は鉢植えの花のように、人の手で水かけなんてできないですものね。
    作っている野菜は、冬よりも夏の方が種類は多いのでしょうか?
    田植えに向けて、着々と準備が進んでいるのですね。
    子供たちの夏の大会も近づき、指導にもますます熱がはいりますね。良い結果が出ますように・・・。

  • #2

    いつ子 (水曜日, 11 5月 2016 22:42)

    すーちゃんへ
    本当に「待ってました」って感じですね。やはり人の手でかけるのは限界がありますからね。
    夏はやっぱり種類も豊富ですよ。冬よりも夏の方が野菜を食べる量も多いですよね。でも夏野菜の生長は待ったなしですから、毎日収穫しないといけませんね。
    田植えももうすぐです。でも今は乗用田植機で1日で終わっちゃいます。昔に比べたら本当に楽な時代になりましたね。
    今うちは小さい子ばかりで、去年は殆ど試合には出ていません。今年はぼちぼち行きますかね。成長が楽しみです。